そもそもWiMAXって一体何?WiMAXとポケットWi-Fiって違うの?

テレビCMや電気屋さんで「WiMAX」と最近よく聞くけれど、一体どういうものなのかわからないという方も多いのではないでしょうか。このWiMAXは、マイクロ波を異様した高速無線通信ネットワークの国際規格一つで、英語では「Worldwide Interoperability for Microwave Access」と表記するのでその頭文字をとっています。身近な言葉で言うと、携帯画面の情報に表示されている3Gや4Gなどと意味は同じでこれらも通信規格の名前です。現在は、主に UQコミュニケーションズがこのWiMAXのネット回線を提供しています。このため、「WiMAXの通信規格が使用できる」ということをそのまま商品名にしているということです。また、先ほど例で登場した3Gや4Gという回線は、主にauやソフトバンク、ドコモなどといった大手の携帯電話キャリアが提供しています。

WiMAXとポケットWi-Fiって違うの?

まず、ポケットWi-Fiとはもともとはワンモバイルが提供する商品名です。そこから、ポケットWi-Fiは固定回線ではなく持ち運べるインターネット通信機器としての認識が浸透していきました。今では、ポケットWi-Fiというと、持ち運べるWi-Fiルーターの総称ともなっています。とてもややこしいですが、この意味の違いについて注意するべき点が一つあります。それは、商品を探す際に自分はポケットWi-Fiという商品名のものが欲しいのか、それともどこの通信会社のものでもいいので持ち運べるWi-Fiルーターが欲しいのかをはっきりさせておくことです。持ち運べるWi-Fiルーターという点で言えば、3G、4G回線とともに、WiMAXの回線を利用している商品もあります。

WiMAXを使用してみて実感していること

WiMAXを利用して2年ほど経過していますが、特に不自由していることはありません。ルーターは1階においていますが、2階でも問題なく接続されており、速度が遅くなることはありません。一般的に、WiMAXを使用する上でのデメリットとしていわれていることは、障害物に弱いことや首都圏でなければ繋がりにくいというものです。さすがに山道などでは繋がらなくなりましたが、他のWi-Fiルーターもそのような場面ではおそらく同じなのではないかと思います。また、首都圏から地方都市へ引っ越しましたがそこでも通信速度の変化は感じていません。しかし、家の規模や障害物の程度によって大きく左右されると思いますので一概には言えません。また、まだWiMAXは3G、4G回線よりも一般化されていないので、山間部やフェリーで移動が必要な島などはWiMAXよりも、大手携帯キャリアが提供する3G、4G回線の方が強い可能性があります。購入を検討の場合は、該当する会社のホームページで通信エリアの対象かどうかを確認できるので利用してみてください。また、契約内容によるかと思いますが、3日10G以上使用すると速度制限がかかるため、パソコンで映画をダウンロードして見たりするとすぐに速度制限がかかってしまいます。複数台のパソコンでインターネット通信を利用する場合には向いていないと思います。しかし、プライベートで使用する分には現在不便している点はありません。

まとめ

WiMAXは高速無線通信ネットワークの国際規格一つで、WiMAXの回線を利用した持ち運びのできるWi-Fiルーターもあります。2年ほど使用していても快適な通信生活を送れているので、興味のある方はぜひ検討してみてください。その際、使用する場所が通信対象エリアに入っているか忘れず確認してください。