WiMAXのSpeed Wi-Fi HOME L01sの利用して感じたメリット・デメリット

私が利用しているのはWiMAXのSpeed Wi-Fi HOME L01sという端末でプランはギガ放題というプランに加入をしています。

自宅に光回線などは導入しておらず、このWiMAXを自宅の固定回線代わりに利用しているのですが、実際に利用してみて感じたメリットやデメリットなどを解説していきます。

実際に使って感じたメリット

導入が楽だった

最初は光回線の導入を考えていたのですが、家電量販店で申し込みをしようとしたところ、申し込みをしてもすぐに利用できる様になるわけではなく、工事まで1ヶ月半程度待たなければならないということでした。また工事は平日の昼間しか対応しておらず休日は無理だと言われ、回線工事のために仕事を休むのももったいないと思い、光回線の導入は見送りました。

WiMAXであれば工事不要で即日自宅にWi-Fiが導入できるということもあって家電量販店で申し込みを行い、帰宅後にすぐに自宅にWi-Fiの導入ができました。Speed Wi-Fi HOME L01sはモデムとルーターを接続する必要がなく、単体でWi-Fi通信ができるので配線がスッキリして良いと感じましたし、初期セットアップも非常に楽でした。

ちなみにSpeed Wi-Fi HOME L01sを契約した時に参考にしたのがWiMAX 比較しているサイトです。

端末がお洒落な上に管理しやすい

配線がゴチャゴチャしないので部屋がスッキリした印象になりますし、Speed Wi-Fi HOME L01sは非常にデザインがお洒落でどんな部屋にもマッチするところも気に入っています。また専用のスマホアプリもあり、このアプリを利用することで端末のステータスや設定などを簡単に管理できるので、WiMAXのホームルーターを初めて使う私でも簡単に取り扱いができています。

比較的速度が安定している

モバイル回線を利用したサービスということもあり、通信速度にはあまり期待していませんでしたが、アプリのダウンロードもスムーズですし、You Tubeなどを見ても途中で動画固まってしまうような事はありません。私の主な使い方が簡単なブラウジングやYou Tubeの視聴なのでこのようなライトな使い方であれば特にストレス無く利用できます。またSpeed Wi-Fi HOME L01sには有線LANポートもあるのでより安定した高速通信をしたい場合にはLANケーブルで接続すると快適に通信ができます。
実際にPS3でゲームをダウンロード購入する際、Wi-Fi接続の場合は非常に時間がかかりストレスを感じましたが、有線LAN接続をすることで快適にダウンロードができました。

実際に使って感じたデメリット

設置する場所を自由に選べない

Speed Wi-Fi HOME L01sはホームルーターなのでモバイルルーターと比べたら室内でも割と安定して通信ができるということですが、設置する場所次第では極端に速度が遅くなったり通信が途切れたりして使い物になりません。窓際に置くと通信は安定するのですが、Speed Wi-Fi HOME L01sはコンセントが必須ですし、設置する場所が自由に選べないのは大きなデメリットだと感じました。

使い放題プランなのに速度制限がかかる

私が契約したのはギガ放題というデータ容量の制限がないプランなのですが、実際のところは「直近の3日間で10GBを超える通信」を行うと速度制限がかかってしまい次の日の19時から深夜にかけて非常に遅い速度での通信を強いられてしまいます。速度制限なしと謳っておきながら速度制限を設けるのは呆れましたし、契約時にこの速度制限について十分な説明がされていなかったことにも憤りを感じました。
なお速度制限がかかるとYou Tubeの視聴は厳しくなりますし、通常のブラウジングもし難くなってしまいます。速度制限は数時間で解除されますが、19時から深夜までという最もネットを使いたい時間に遅くなるので非常にストレスを感じます。

ポケットWi-Fiは?

ポケットwifiのメリットですが何と言っても回線を引き込む必要がまったくない点が最大のメリットです。ネット回線を契約する上でものすごく時間が掛かり面倒なのが工事です。工事代金自体も馬鹿にならず、キャンペーンを開始している期間じゃないと工事代金が無料にならないこともあり、そういったキャンペーンをやっているときに工事を依頼すると起きる問題が工事の人が中々来ないことです。

私は工事が中々来なくて理由を聞いた際、言われたのが無料キャンペーンのせいで人手が足りないと工事をする人に言われたことがありますので間違いないでしょう。でも、ポケットwifiにも落とし穴がありまして事務手数料と言う形で初期費用を結構払わないといけない点です。まあ、この初期費用についても実は無料になるキャンペーンがあるのでその間に契約すればどうとでもなるんですが、こちらも同様、契約する人が増えるため送れることがあります。

後、注意点としてあげると違約金がものすごく高い上、契約期間が3年刻みであるため3年を越えないと違約金が発生する上デメリットも目立ちます。最大のメリットは家に穴を開けないで済むことがメリットである点と、私の場合、WiMAXを使用していますが、デメリットのほうが目立つように感じます。

確かに家に穴を開けないでよい点は評価できますし、電気工事の人が来ないので家に入られることを心配しなくても良いですが、細かい点に置いて不満が大きいです。たとえば事務手数料無料ですがオプションをある程度組み込まないと無料にならず、そのオプションも解除すると駄目になるため契約期間まではオプション代金もとられるため結構割高になります。

後、これは個人的な意見ですが、どのポケットwifiもプランが分かり難いです。格安の楽天なんかのwifiは料金が明確なんですがそれ以外のwifiだと私の場合、BroadWiMAXを使用していますが、後から知った規約みたいな物が多くてあまりおすすめしないです。というか調べをしても結構後から契約内容の変更みたいな物があり正直新しくプロバイダーを変更したいと思っているのですがどれがいいのか分からないです。

ただ、回線の利用については文句はありません。スピードは出ますし、受信率も最新のwifi機器をレンタルすることが出来たのでスピードは速く途切れることも無いです。ただ、急なメンテナンスみたいな物はBroadWiMAXは多いようにも感じます。

後、使えるエリアに関しての話ですが、契約当初はあまり回線が安定していなかった次期があり、特に移動しながら使っているとエリアによっては入らないことがありました。ですがこの問題は受信する機会が悪かっただけかもしれないうえに電波を中継する施設が増えたのかもしれないですが後に安定していきましたので問題はないです。ただ、エリアごとに入る場所と入らない場所があるためその点についてはどうしようもないと諦めるしかないです。

これまでに受信機を使用していて入りにくいと感じた場所については圧倒的に地下と鉄塔がある場所は電波が入らないです。鉄塔は電磁波が出ているため周囲では電波をキャッチすることが出来ないらしく、最新の受信機でもうまく電波を拾えないです。

地下に関しては微妙で機器が古いものを使用していた際はあまり電波が入りませんでしたが最新の物をレンタルした際、若干電波が改善されましたが速度は出ません。WiMAXですがどうやら遮蔽物と電磁波に弱いように感じました。で

すので鉄塔とかがある場所に家がある人には普通の優先の工事を行うタイプの回線のほうが絶対安定してネット環境を構築できると思います。どうしても家に穴を開けたくない以外はプロバイダーによっては微妙です。